美しくなる方法は無限にある

バックを挿入する豊胸

テレビで取り上げることもあり、昔に比べるとネガティブなイメージを持つ人が少なくなってきました。

代表的な豊胸手術が豊胸バックを挿入する方法ですが、豊胸バックの種類もさまざまあるようです。

昔に比べると傷跡も目立ちにくく、3センチから5センチほどの切開で挿入することが可能になります。

豊胸手術は美容外科で医師とスタッフの話を聞いてから受ける必要があります。

1〜2カップほどのバストアップをしたい人から3〜4カップほどバストアップしたいという人まで、希望はそれぞれ違いますので、最終的にどのぐらいのサイズにしたいか、どのような形にするかなどしっかり相談しましょう。

脇から行われる豊胸

もちろん胸に行われる豊胸ですが、胸に傷ができてしまうと目立つという事も考えられます。そのため、豊胸は時として脇から行われる事もある様です。そうする事によって、豊胸の傷は普通にしていると気づかれる事はありません。

しかし、豊胸を受けて傷が残っている状態で水着を着ると手術を受けた事が分かってしまう事もあります。脇というのは元々、シワになっている部分ですので、豊胸の傷があったとしても傷であるのかどうかという事が分かりにくい事もあります。また、最新の手術であれば、切開する部分についても小さい範囲で済ませられる事もある様です。また、手術の手段によっても、どのから行うのかという事は違います。