美しくなる方法は無限にある
  •  ホーム
  • 取れにくい二重整形を採用して二重まぶたに

取れにくい二重整形を採用して二重まぶたに

取れにくい二重整形を採用して二重まぶたに

同じ二重整形を受けるのであれば、切開法や埋没法、そしてこれらを組み合わせた方法などがありますが、取れにくい手術で二重まぶたになりたい人におすすめなのが、切開法や切開法と埋没法を組み合わせた二重整形です。

取れにくい二重整形を採用して二重まぶたになる事ができれば、取れてしまった際の再手術を行う必要はありません。いくらかある二重まぶたになるための手術の中から、好きな方法を選択する事ができます。

二重整形で手に入れた二重まぶたをずっと続かせる事ができればうれしいですね。大きく切開する二重整形をしたくない人は、一部を糸で止めて、一部だけを切開する事で二重まぶたになる事もできるみたいです。

二重まぶたと目尻切開で切れ長で大きな目に!

目を大きくパッチリとした印象にするために、「二重まぶたになりたい!」という方は多いのではないでしょうか。最近では様々なタイプの二重整形があり、理想の二重まぶたを手に入れることが可能になっています。また、目を大きく見せるための施術、目頭切開も、二重整形と合わせて有名ですね。

では、目尻切開はどうでしょう。どのような施術かご存知ですか?

目尻切開は、その名の通り目尻を切開して隠れていた白目の部分を見えるようにすることで、目を切れ長の大きな目にする手術です。「目尻の白目が隠れていて目が小さく見える…」という方におすすめの施術です。しかし、すべての方に同じような効果があるわけではありません。もともと白目部分があまり隠れていない方がたくさん切開すると、目尻のピンク色の粘膜の部分が大きく見えてしまい、不自然な印象になってしまいます。

とはいえ、効果が出れば切れ長で大きな目を手に入れることができるのはとても魅力的ですよね。病院でじっくり相談し、自分にあった方法で、理想の目を手に入れましょう!

厚ぼったいまぶたには、脱脂法で二重まぶたに

二重まぶたにする二重整形手術には、埋没法が多く用いられます。ですが、まぶたがはれぼったく、重たい場合には、埋没法の糸がとれやすかったり、理想の二重になりにくかったりといった状況が起こります。

これは、脂肪が厚いことが原因ですので、脱脂法で脂肪を取り除くことで解消します。3ミリほどの切開した穴から、脂肪分だけを摘出するといった方法を用います。小さな傷なので、縫合の必要もありません。なお、「まぶたが薄くなる=二重になる」と思われがちですが、脱脂法だけでは二重まぶたにはならず、埋没法や切開法との併用が必要となります。

自然な二重を作ることができる二重整形

二重整形は、腫れぼったいまぶたや一重の瞼を自然な二重まぶたにできる整形手術です。多くの美容外科で人気の整形手術で、特に若い女性からの需要が高まる傾向にあります。整形手術の方法は最近人気の方法で、皮膚を縫い合わせて理想の二重を作るタイプが挙げられます。

これはメスを使わないことからプチ整形ともよばれており、手術にかかる時間や費用が節約できるとして人気です。二重整形の手術を受ける際には、カウンセリングを重視したクリニックが多くの方に選ばれています。希望する二重についてしっかり相談できる医師が在籍するクリニックでは、満足度の高い施術ができるとして高い支持を受けています。

二重整形で手術後気を付けること

二重整形を受けて、二重まぶたをゲットした後に気を付かなければならないことがあるのでしょうか?もしあったとすると、どういった点に気を付けるべきなのでしょうか?まず埋没法も切開法も皮膚の比較的薄いまぶたに施術をおこなっていることに間違いはないので、腫れはどちらにせよ出てしまいます。

そのため腫れが残っている間はアイメイクを控えるようにしてください。またできればコンタクトレンズも避けた方が無難です。基本的には1週間ほどで腫れは引くといわれていますので、2週間以上たっても腫れが引かないようであれば一度病院へ行ってみてもらうことをお勧めします。