美しくなる方法は無限にある
  •  ホーム
  • 歯科用マイクロスコープの有用性を生かす治療

歯科用マイクロスコープの有用性を生かす治療

医科の手術でマイクロスコープを使用するのは一般的ですが、歯科用となるとまだまだ普及率は高いと言うことができません。

細かな神経や血管を、10倍や20倍で観察できるマイクロスコープを使うことで、超精密な治療が可能となります。肉眼では確認できないところまで可視化しながら治療をすることで、成功率は上がり、再発も防ぎやすくなります。余分な歯を削ることも少なくなりますし、治療後の腫れや痛みも最小限にすることが可能です。

被せ物をする時の精度を上げることにもこの技術は役に立ちます。長く健康的に口の中を保つために、大いに有効な手段と言えます。

マイクロスコープには使い勝手も重要

ただ高性能で見やすいように作られているのではなく、自分が持って使いやすくなっているマイクロスコープを考えるのも大事になっています。とにかく使い勝手を考えていくと、変な見た目をしているようなタイプは使えません。

見た目が悪いと、使いづらいように感じてしまいますし、マイクロスコープとして使っていても違和感が強くなってしまいます。問題がないように、外観などで考えていくのもいい方法です。もし外観が気に入らないようなら、他のタイプを検討してください。メーカーを変えれば、外観としてもいいものが手に入る可能性もあります。

現場にも欠かせないマイクロスコープ

顕微鏡と共に幅広く利用されているマイクロスコープには、大きな特徴が数多く挙げられます。中でも、モニターに映し出すことで観察できる仕組みとなっているものに関しては、複数人で同時に研究したり情報交換を行ったりする際においても積極的に導入されており、利便性の高いものとして認識されています。

また、ハンディタイプのカメラが備え付けられていることによって、観察対象となる物の大きさや形状を問わず、様々な研究開発や観察に利用することも可能です。そのため、医療や化学などの現場においても欠かせない存在となっています。

歯科医院でマイクロスコープを使うメリットについて

近年では、治療の際に、歯科用のマイクロスコープを使用する歯科医院が増えてきています。

マイクロスコープを使うと肉眼の20倍まで拡大して見ることができるため、歯科医院で行われる多くの治療において、メリットがあります。まず、感染している箇所がピンポイントで確認できるため、健康な歯質を削らずに虫歯治療をすることができます。

また、肉眼では見えない箇所にある歯や口腔内の病気の原因を特定しやすくなります。さらに、根管治療などの高精度な治療が必要な場合でも的確な治療が行えたり、歯により合った詰め物や被せ物ができたりする点も、メリットだと言えます。

マイクロスコープを使えば精密な歯科治療ができる

マイクロスコープは、これまで脳神経外科や眼科などの分野で利用されていた医療用顕微鏡を、歯科用に改良したものです。拡大率は約20倍もあるため、治療の精度が大幅に向上します。さらに暗い口腔内を明るく照らすこともできるので、歯を削り過ぎない治療が可能になります。

また歯周病や歯槽膿漏の治療で歯茎を縫う場合にも、極小の糸を使って、精密な手術を行えます。そのため完治までの期間も短くなり、多くの人に喜ばれています。ただしマイクロスコープを設置している歯科クリニックはまだ少なく、普及率は5パーセント程度しかありません。