美しくなる方法は無限にある
  •  ホーム
  • 歯科治療とマイクロスコープ

歯科治療とマイクロスコープ

手術などで用いられるマイクロスコープは、顕微鏡と違い対象物をプレパラートに固定する必要がないので、さまざまなものを拡大して見ることが可能です。眼科の手術で用いられたことをきっかけに、現在では医療分野や研究機関に欠かせない存在になりました。

1980年代には歯科での治療に使用されることも増え、近年ではインプラント治療などでも活用されています。これまではレントゲンや肉眼で患部を確認して、歯科医の経験に基づいて手指の感覚で治療を進めていました。しかし、マイクロスコープの導入されたことで、視認しづらい箇所の治療がしやすくなり、なるべく削らない治療を掲げる歯科医も増えてきました。

歯科医療にとってのマイクロスコープは

マイクロスコープが登場する前の歯科医療は、肉眼やルーペで確認しながら治療はしていましたが、しっかりと確認することが出来ないので、医師の勘や経験に頼りながら治療をしていました。虫歯治療でも、とても小さな虫歯を削るだけなのに歯の大部分を削り健康部分も大きく削り取られていました。

マイクロスコープの登場によってミクロ単位での確認をすることが出来るようになったので、現在では出来るだけ多くの歯を残しながら虫歯だけを削る事が出来るようになっています。歯科医療では、虫歯治療だけではなく、いろいろな場面で使用され重宝されています。

マイクロスコープを使用した治療のメリット

マイクロスコープは歯科の治療に用いられる手術用の顕微鏡です。虫歯や歯周病、インプラント手術などに用いられます。虫歯の治療においては、なるべく歯を削らない方が良いとされています。削られることで歯が弱くなり、さらに虫歯が進行してしまう可能性が高まるためです。

マイクロスコープを用いることによって、歯を削る範囲をとても狭くすることができるため、審美的にも優れた治療を行うことができます。インプラントや歯周病の治療においても、利用することによって治りが早く、出血も少なくなるため、患者さんの負担が減るメリットがあります。

マイクロスコープで歯の寿命を延ばす

歯の治療をしても中々痛みが引かずに悩んでいるという方もいるかもしれません。歯の治療は、原因がはっきり特定されないまま治療をされるということもあります。そこで近年、マイクロスコープスコープを利用した歯の治療が注目されています。

マイクロスコープは肉眼の20倍もの大きさを見ることが出来るので、それを使って治療をすれば歯の根の中まで確認をしながら治療が出来るため、治らない原因をはっきりとさせることが出来て、正しい治療法を行う事が可能になり、更には歯の寿命を延ばすことに繋がります。余計な歯を削らずに済み、高精度な治療が出来るためにそのような画期的な結果に繋げる治療法が可能となります。

マイクロスコープは学生に最適

マイクロスコープは、顕微鏡を指します。学生時代には、理科や科学の授業で、実験をする時に使います。覗くところの度数と、ものを見るところの度数をかけた倍数の大きさに見えます。小さい微生物や植物の細かな細胞の様子を確認することができます。

マイクロスコープは、自分自身で購入することも可能です。子供さんが小さい場合は、理科の実験の延長で自宅でも観察できると、勉強や将来のためになるので、購入もいいのかなと思います。顕微鏡キットみたいに安価なものも存在するので、そこまで、値段が高い、と気にする必要もないのかなとも思います。

サイトの情報について

当サイトにある美容整形(豊胸、脂肪吸引、二重整形、鼻整形)に関する情報は間違っている可能性があります。

豊胸、脂肪吸引、二重整形、鼻整形、マイクロスコープなどの情報に関する責任は負いかねます。

美容整形(豊胸、脂肪吸引、二重整形、鼻整形)の詳しいことはお近くの美容外科にお尋ねください。大阪や東京などには大手の美容外科があります。